講師インタビュー No.4 <サックス講師 津山遼> ①

February 1, 2019

みなさん、お待たせいたしました!

ルーペ音楽教室ブログ、今回の更新は皆さんお待ちかねの津山先生インタビューです!


津山先生はサックスの音色や練習にかかわる記事を寄稿してくださっています。

ぜひそちらも読んだ上で、こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです!

 

サックスの音色について

サックスの練習について


それでは津山先生、よろしくお願いします。

 

 津山:よろしくお願いします!

 

早速ですが津山先生、今日はなんだか可愛らしいスカーフをしてらっしゃいますね!
なんというか...中性的というか...。

 

 そうですか?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしゃれでいいと思います!笑
津山先生といえば革ジャンですが、革のどこが好きなんですか?

 

 育つからですね。
 着れば着るほど味が出るというか...。

 

なるほど~。
津山先生らしいと思います!

 

 

では、まず一つ目の質問から。
本格的に音楽をはじめたのはいつごろですか?

 

 中学生のとき吹奏楽部に入ってからですね。

 

ほうほう。楽器を始めたのもその頃ですか?

 

 いや、はじめて楽器に触ったのは覚えてないくらい昔ですね。
 小さい頃からピアノを習っていました。

 

なんだか意外ですね!
ピアノを弾いているところは見たことが無いので...。
習っていたのはクラシックですか?

 

 そうです。
 高校2年くらいまでは習っていたんですが、あまり上手にはなれませんでしたね...。

 

けっこう長い!笑
今度弾いているところを見せてもらいましょう。

 

 今はもう弾けないです。笑

 

では、サックスを吹き始めたのが中学生の時からということですか?

 

 そうです。
 今はテナーサックスをメインにしていますが、最初はアルトサックスを吹いていました。

 

そうなんですか!?
アルトサックスを持ってるところ、なんだかイメージすると面白いような...。
どういった経緯でそうなったのか教えていただいても良いですか?

 

 実は吹奏楽部には入ろうと思って入ったたわけではなくて、当初は水泳部に入るつもりだったんです。
 でも入学して最初に仲良くなった友達が吹奏楽部に入るというので、一緒に体験入部したら、その友達はいつの間にかいなくなってました。

 

(笑)

 

 で、どうせなら目立つ楽器がいいなと思って、カッコよかったのでアルトサックスを選びました。笑

 

でもアルトサックスって倍率高いんじゃないですか?

 

 他の新入部員には「君はフルートが似合うんじゃないかな?」と言ってライバルを減らしてました。笑

 

さすがですね!笑
じゃあ中学の3年間はアルトサックスだったんですね。

 

 中高一貫だったので高校卒業までずっとアルトサックスでした。

 

あ、なるほど。
さすが、育ちのよさそうなスカーフしてらっしゃいますもんね。

 

 ええ。笑

 

今回の更新はここまで!

 

次回をお楽しみに!
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索