共鳴腔~どこにある?~

 

 

やっほい!ボーカルもやもや話、前回は声の仕組みについてお話しました!

声帯で作られた音が、様々な場所で共鳴して、声となる仕組みは分かりましたか?ドゥー ユゥー アンダスタンンンンドゥ!?

 

 

 

 

では次はもっと細かく、声帯で作られた声がどこで共鳴して、どのような声となるのかを知っていきましょう!(ここから先は造語とは知らなかったけど造語だった言葉だとか、なんか私にはそう聞こえます!といった主観が交じります。ご了承ください。)

図を参考にしながらイメージを膨らませてくださいね。

 

 

 

共鳴腔(きょうめいこう)、簡単に言えば人間の身体の中にある、共鳴に使える空間やその場所のことです。声帯で作られた音がその共鳴腔で響くことによって声として発声されます、その共鳴腔によってはメリット、デメリットがあり、最終的に発声される声は様々な特徴を持っています。

 

 

 

これ、予測変換で出てこないのでもしかしたら造語かもしれません…

 

 

 

共鳴腔その① 口腔(こうくう)

読んで字のごとく、口の中全体のこと。口腔で共鳴させよう、とだけ意識するとこもった声になることが多く、明瞭な発声とはならない。そのことが声に丸みを持たせ、暖かなイメージの発声となることもある。

 

口腔という共鳴腔の中だけでも音を当てる場所によって微妙な声の変化があります。主に、上の前歯の裏、下の前歯の裏、硬口蓋(造語?)、軟口蓋などですが、さらに口腔の中には舌や前歯以外の歯もありますから、その位置や空間の取り方などによっても声に変化が現れます。

 

共鳴腔その② 軟口蓋(なんこうがい)

自らの舌を上の前歯の裏から沿うようにしてのどに向かうと、硬い部分(硬口蓋)から柔らかい部分へと変わる。のどに一番近い上顎のふたのこと。ここに共鳴させようとすると、柔らかく不安定だった声が少し明瞭になり、音量も大きくなることが多い。のどに近いことから固い声になってしまったり、のど自体や声帯に力みが生じる場合も。

 

さきほどの口腔での説明でも出てきた軟口蓋というふた。「軟口蓋を開けて、声を上に飛ばしましょう!」といった形で使われることもあります。私も良く言うかも!ここを開けるには上顎の後ろを持ち上げる意識が必要です!もしくは頭の後ろを持ち上げるかんじ。口の前を大きく開けるのではありません、うしろですうしろ!しむら、うしろォ!!

 

 

共鳴腔その③ 鼻腔(びくう)

鼻、目に近い部分にある空間のこと。触れると固い。軟口蓋を開けたその先に鼻腔があり、ミックスヴォイスの説明で用いられることもある。鼻腔に共鳴させると、声が明瞭になり、慣れると力強く、音程なども比較的操作しやすい声になる。ただし、鼻から空気を出す、声を出す、というイメージから「鼻声」と混同されやすく、注意が必要。「鼻声」は暗くこもった息の交じった声、「鼻腔共鳴」は明るく力強い、息漏れが少ない声である。

 

よぉーく使います、鼻腔共鳴。軟口蓋を開けたその先にとは言いましたが、実は軟口蓋を開けるという動作よりも楽にイメージできる人もいます。正しい鼻腔共鳴に導くための+αのイメージとしては、薄く、つぶれた声を出す!ということ。あの、ぶりっ子ちゃんみたいな。

 

 

実際にある?空間や場所としてはこんな感じでしょうか。

まだまだあるグレートな共鳴腔!次回更新をおたのしみに!

 

 

 

ボーカル講師

ヒラガサチコ

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索