音楽伝記映画 って イイネ!

November 25, 2018

 

★映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編

 

 

 

こちらはあの伝説のバンド『Queen(クイーン)』のリード・ヴォーカルかつ史上最高のエンターテイナーとして讃えられるフレディ・マーキュリーの生き様を映し出す、いま話題の映画の予告編です。この『ボヘミアン・ラプソディ』、なんと過去の音楽伝記映画の中で歴代2位の収益を達成しているんですって!すごい大ヒット!!

 

 

 

ううん、予告を見るだけでも…

 

 

イイネ、イイネ!わくわくしますネ!!

 

 

 

 

さてさて、今回はクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒットにあやかり、いろいろなジャンルの音楽伝記映画を紹介していきたいと思います。

 

音楽伝記映画ってたくさんあるんですよ!(私も全然知らなかったです…)すべては紹介できませんが、この機会に少しでも興味を持って、音楽っていいなあと思って頂ければうれしいです。

 

では趣味に偏りのある音楽伝記映画ごしょうかい~

 

 

 

 

★映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』予告編

 

 

はい、『ボヘミアン・ラプソディ』は歴代2位の収益を達成!とお伝えしました。…じゃ、1位は?

 

そう、こちら『ストレイト・アウタ・コンプトン』です。

アメリカの伝説的ヒップホップグループ・N.W.A.の知られざる物語、彼らの結成から脱退、また再結成までのストーリーが描かれた作品。そしてその社会現象になるほどの攻撃で過激なメッセージを含む音楽は、世間からの大きな非難も浴びるようになったといいます…。ヒップホップに魅了された若者5人が、類稀なるラップの才能を武器に生き抜いていく、そんな映画です。

収益だけでなく、うん…、かなり人気も高い作品のようですね…

 

 

 

 

 

★映画 『Ray』 (2004) Official Trailer - Jamie Foxx, Kerry Washington Movie

 

 

いわずもがな、ミュージシャン、レイ・チャールズの伝記映画です。『Ray』、7歳のときに緑内障で視力を失いつつも、数々の名曲を残し、その曲のひとつがジョージア州の州歌にも選ばれた(我が心のジョージア)、名アーティスト。うんうん、説明をみるだけでも結構暗い闇がありますね…。

 

この映画のすごいところはまず、レイを演じたジェイミー・フォックスでしょうか。その迫真の演技でアカデミー主演男優賞も受賞されています。

 

 

 

 

★映画『エディット・ピアフ 愛の讃歌』(2007年)

 

 

シャンソン歌手、エディット・ピアフの生涯を描いた作品。売春宿で育ち、街角でスカウトされて歌手として一時代を築くも愛に恵まれなかったピアフの一生を、いくつかの象徴的なエピソードを交えながら描いており、映画としての雰囲気も良い。フランス制作の音楽伝記映画です。

エディット・ピアフいいよお…!是非見てほしい作品ですね。

 

 

 

 

映画『アマデウス』(1984年)

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、そう彼の音楽伝記映画です。もともとはブロードウェイの舞台が原作のようですね。おそらく、私が初めて見た音楽伝記映画が、『アマデウス』でした。

…が、これは…、うーん…難しい。というか、暗い、怖い?のイメージが強い。今また改めて見れば、違う印象になるのかもしれませんが…。

モーツァルトの音楽は明るく華やか、というイメージでしたが、彼の人生や彼の周りの音楽家たちの人生は、こんなものだったのか…。モーツァルトの曲を聴く姿勢が、そしてその他の音楽家たちの曲をも、聴き方というものが変わる映画だと思います。

 

 

 

 

さてさて、今回はこのへんで終わりにしたいと思います♪

気になった音楽伝記映画はありましたでしょうか?

 

調べればまだまだたくさんの音楽伝記映画があります、この機会にぜひ調べてみてくださいね!

 

 

イイネイイネ!!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索