メトロノーム編 Vol.3 “リズム感”の要素 ”パルス”について③

こんにちは!ギター講師の岸本です。

今回も前回に引き続き、リズム感を構成する要素の1つ、パルス感について解説したいと思います。
パルス感についての解説は今回で最後です!

バックナンバーはこちら!  
 


さて、早速ですが、これ歌えますか?
 

(きちんとメトロノームを使って、正しい音価で歌ってみてくださいね!)

 

上手に歌えましたか?


この譜例では、1拍ごと基準となるパルスが変わっています。

1拍目から順番に、4分、8分、3連、16分。
2小節目1拍目からは、その順番です。

このフレーズを正しく表現するには、1拍ごとに切り替わるパルスを頭の中でしっかり感じ分けなければなりません。

具体的な方法をひとつ例に挙げると、1拍目の4分音符を歌っている最中に、次の2拍目の8分音符のパルスを感じる、などです。
(もっと良いのは、これらのパルスを内包する"もっと細かいパルス"を常に感じ続けることですが、それは非常に難しく、訓練が必要になります。)

これが出来ていないと、音符の起点がパルスとズレたり音価があいまいになったりして、タイムがヨレてしまい(俗に言う"走る"や"もたる"と呼ばれる状態)、そして一定のテンポをキープできなくなります。

また、このような場合に限らず、アンサンブルのなかでは、自分以外の奏者によって、自分の中に無いパルスが打ち出される事もあります。

そういうものが聞こえて来たときに、タイムがヨレてしまうこともよくあります。
(こういう時も、細かいパルスと大きなパルスを同時に感じていれば、惑わされずに済みます。)

複数のパルスをしっかり感じ分け、瞬時に引き出す、もしくは常に感じ続ける能力が、ずばり"パルス感"です!
 


さあ、ここまで来れば、タイムの太さ(強さ)とパルス感の関係性はなんとなくイメージできるのではないでしょうか。

まとめると、

まずパルスとは、
「あるテンポ(タイム)に対し、そのテンポ上の音符の起点(終点)となる点(瞬間)」
であり、

パルス感とは、
「あるテンポ(タイム)から導き出される不特定多数のパルスを感じる、もしくは瞬時に引き出す能力」

であると言えます。

ここで注意してほしいのは"不特定多数"という言葉です。

パルス自体は無限に存在します。
が、何種類のパルスを感じ、瞬時に引き出せるかは人によります。

例えば、BPM60を4分音符のパルスとした場合、そこから何種類のパルスを感じとることが出来ますか?

全音符、2分、8分、16分、3連、2拍3連、3拍4連、4拍3連、5連、7連、etc...
可能性は無限に存在します。

仮に、8分音符しか瞬時に引き出せないAさんと、ありとあらゆるパルスを瞬時に引き出せるBさんがいたとして...

二人のタイムを比較したイメージ図がこちらです。

 

 やはり、Bさんの方が内包するパルスが多い分、タイムが「太い」ですね!

 

これこそが、「パルスがタイムを補強する」という言葉の意味するところです。

 

 

さて、如何だったでしょうか?

ここまで読んでみても、パルスのイメージが良くわからないと思った方、

または、パルス感を良くする方法が知りたい!


と思った方は、ぜひ体験レッスンにお越しください!

 

お申し込みはコチラ

 

次回メトロノーム編は、リズム感を構成する要素の最後に一つ、「ビート」について解説したいと思います!

お楽しみに!

 

 

ギター講師 岸本

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索