インタビューNO.1<ギタリスト>岸本賢治さん①

August 14, 2018

 

Loupe音楽教室アーティストインタビュー、記念すべき一人目はギタリストの岸本賢治さんです。よろしくお願いします!

 

岸本:よろしくお願いします。

 

さっそくですが…、岸本さん、お若いのにすでに風格がありますね。

 

良く言われます。(笑

 

言われ慣れてるだけあって多くはスルーですね。では、トレードマークとも言えるその眼鏡はいつから?

 

眼鏡自体は中学生のときからです。この丸眼鏡は18歳の時貯金を全額下ろして買いました。だからかれこれ9年使ってます。

 

ほおー、ながもちしてる良いものなのですね。太いふちの眼鏡が流行っていたのにも関わらずその丸眼鏡にした理由とかはあるんですか?

 

ジャンレノ、カポーティ、ジョンレノンなどの雰囲気が好きだったからですね。

 

なるほど、では、その立派なひげは?

 

高校生のときからですね。

 

そりゃすごい!(笑)ではその時からすでに風格があったのでしょうね。

そんなことはないですねー

(…またまたスルーされました。)

 

 

 

 

 

本格的に音楽をはじめたきっかけはなんですか?

プロを目指そうと思ったのは、18歳の時です。アルバイトをしていた喫茶店がたまにライブ演奏をやっていて、そこではじめてジャズライブを生で聴いて感動して。…そのときジャズミュージシャンになりたいと思いました。

 

私も生の音楽の力ってすごいと思います。初めての生演奏ってぐっとくるものがありますよね。ジャズの生演奏…、なるほど、いいですね。

 

 

岸本さんはギターを使われていますが、自身の演奏にギターを選んだ理由はありますか?

ギターは小学5.6年生のころからやっていて。そもそもその時は、ブルースが好きでギターを手にしたんですね。一応ピアノもすこし経験があるんですが、やっぱり自分にはギターがあっていると思ってギターにしました。

 

幼少から音楽に興味があったのですね。

聴くのが好きでした。車での移動中のCDとかは自分の好きなアーティストばかりかけてもらって家族から少し嫌がられていました。(笑

 

あるあるですね!私も自分の好きなアーティストばかりを集めたオリジナルCDとか山ほどありましたよ。若い人たちはもう知らないかもしれないですけど。オリジナルカセットテープも自分で一生懸命作りましたよね。ちなみに、そのときよくきいていたのはどんな音楽でしたか?

ブルースが好きだったので、ジミ・ヘンドリクス、エリック・クラプトン、デレク・アンド・ザ・ドミノス、マディ・ウォーターズとか…あ、あと、10cc(テンシーシー)、カーペンターズとかも聴いてました。古めの洋楽が好きだったんですよね。

 

わあ、洋楽ばっかりです。

 

 

 

ちなみにギター以外の楽器を演奏するとしたら何がいいですか?

うーん…、ベースかなあ。ベーシスト的なマインドでいつも音楽をやりたいと思っているので。

 

ベーシストマインド?

説明は難しいけど、簡単にいえばアンサンブル全体を広く見て演奏することですかね。響きとか、自分が弾くことで全体のサウンドがどう変わるかとか…そういうマインドです。

でも、単純に音が好きなのはトランペットかな!

 

なるほど。

 

 

 

では、音楽を趣味ではなく仕事にしようと思ったのはなせですか?

音楽でお金を得ると言うよりは…うーん、そもそも趣味ではなく仕事でやってるっていうのもあんまりしっくりこないです。ひとつ言えるとしたら、やっぱりプロを目指してやっている時はつらいこともたくさんあったけど、自分が最初にジャズのライブを見て感動した時のように、自分も誰かを前向きにする音楽をしたい、と思って。

仕事というよりも、もしかしたら宗教に近いかも…、宗教というのも定義がいろいろあるとは思いますけどね。

 

ふむ、なんとなくわかるような気がします。質問を変えましょう、今も音楽を続けている理由はなにかあるのでしょうか?

うーん、それも難しい。もちろんくじけそうになることもある。やっぱり自分にしかできない音楽、表現できないことがあるような実感だけはあるから…、

 

だから、続けられる?

そうですね。

 

 

プロフィールを見ると、音楽専門学校に通われていたとか。自分が生徒だったときどういう意識でレッスンを受けていましたか?

やっぱり、とりあえず前回のレッスンでやったことは完璧に自分のなかで消化してから次のレッスンにのぞんでいました。

 

優秀でしたか?

わかりません!

 

(笑)レッスン自体は好きでしたか?

正直あまり好きではなかったです…。レッスンって自分の欠点とか、知らないこととか次から次へとやるべきこと、やらなきゃならないことが出てくるので…だから単純に大変でした。

 

…真面目そうですね

よく言われます。

 

 

 

日々どのくらいのトレーニングをされているのですか?

少なくとも2時間。時間のある日なら8時間って感じかなあ。最低2時間はやらないと気が済まないですね。

 

ギターに触らないと不安になる、とか?(よくあるフレーズ)

前はなりましたが最近はないです。

 

ちなみにトレーニング内容って簡単に教えてもらえたりしますか?

うーん…色々ですが、僕の場合は自分で練習メニューを組んで、それを毎日1からこなしています。ルーティンメニューをこなしたらあとは自分の好きなこと、今やりたいトレーニングをやります。

なんかすごそう。練習メニューについてはまた詳しく聴きたいですね。

 

 

トレーニングを続けるコツってありますか?私なんか、意を決してもなかなかそれを続けるということが難しくて…

やる気を一度に燃やしてしまわないように、毎日少しずつ進んでいるという実感を持つことです。だから多少めんどうでも練習日記をつけたり、達成度合いを数値化したり…自分の練習状況を客観的に分析したりすることかな。やっぱり。

 

ほおー!…やっぱり真面目ですね?

よく言われます。

 

 

②へ続きます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索