今回の更新は前回記事の続きからとなります。

〇フィジカル

フィンガリングやタンギング、ビブラート、オーバートーン、音の跳躍などの基礎練習です。みんな基礎練習大好きですよね。

まずはメジャースケールとマイナースケールを12Keyで吹けますか?

最近はググればすぐに譜面が出てくるしできないキーだけ自分で五線譜に書いてもいいと思いますが、「サクソフォーンのためのトレーニングブック(須川展也)」にはお世話になりました。

この本に載ってることは寝ながらでも指が勝手に動くくらい吹けないと話にならないので、できないスケールがある人は今すぐさらいましょう。

今...

こんにちは。テナーサックスの津山遼です。

音色についての続きで姿勢のことを書くと言ってましたが、最近姿勢についての考え方が変わったのでここは一旦置いときまして、今回は普段こんな練習をしていますというのを紹介します。

僕は普段楽器を吹ける時間が1秒でもあれば練習してるのでここに書いてあること以外もいろいろとやってますが、説明しやすいことから書いてこうと思います。

〇音色の練習

誰でもやると思いますが、ロングトーンです。

一口にロングトーンと言っても、さまざまな事柄に焦点を当てています。音の入り切り、音程の正確さ、音色の均一性、雑音の質や量、身体...

今回は前回からの続きとなります。

連載記事第一回はこちらです♪

実は、これらのことが分かっていれば、別に基礎練習は何をやったっていいんです。

教本にあるものを使ってもいいし、バッハのソナタを一曲だけ、というのもアリです。

自分で作ってしまうのも良いと思います。(僕はそうしています)

今回は、最後に僕が作ったギター用の基礎練習をご紹介します。

これは前回紹介したロングトーン練習と併用して行うもので、右手はロングトーン練習時の感覚を保ったまま行うようにしてください。

〜クロマチック練習〜

まず、左手の指を人差し指から順に 人1 中2 薬3 小4 と番号...

今回は前回に記事の続きからとなります。

では次に、実際にどういうふうに基礎練習に取り組むべきかご紹介します。

僕はピアニストではありませんが、ハノンは一生続けられる素晴らしい基礎練習だと思っています。

ピアノに必要な各指の独立と、あらゆる指のパターンを網羅した、基礎練習オブ基礎練習。

しかし、パッと見メロディは優美とは言えないかもしれません。(それでも上手な人が弾けば美しいのですが)

中には、ハノンは退屈なのでやめてしまった、という方もいるでしょう。

でも、ハノンはそれでいいんです。

何故でしょう?

それを知るには、まず何のために基礎練習をするのか...

今回の記事は前回からの続きです。

もうひとつ、入門者向けの粗製乱造されたギターが巷に溢れている、という現状もあります。

今は某通販サイトで1万ちょっと出せば、ギターとたくさんの付属品がついたセットを買うことができます。

そういった入門セットを持ってレッスンを受けに来られた方は今まで何名もいて、それぞれのギターに共通して僕が感じたことは、

それは「ギターの形をしたなにか」であるということです。

楽器の形はしていても、楽器の音はしていないものが大半です。

例えば、グランドピアノなんかに比べれば、ギターは極めて原始的かつシンプルな楽器です。

ですが楽器...

こんにちは!ギター講師の岸本賢治です。

前回の僕の記事では、ロングトーン練習の重要性と実際の方法について紹介しました。

しかし、これはあくまでも基礎の基礎!

ロングトーン練習はとても大事ですが、それだけでギターを弾けるようにはなりません。

皆さんご存知の通り、ギターは左手(左利きの方は右手)で指板を押さえ、右手で弦を弾くことにより音を出す楽器です。

ロングトーン練習は右手の練習なので、今回は更に左手を加えた、総合的な基礎練習について触れてみようと思います。

その前に、基礎練習に対するちょっとした考察にお付き合いください…m(_ _)m

例えばピア...

こんにちは!ギター講師の岸本です。

4回に渡ってお届けしてきたこのシリーズですが、4回目にしてようやく本題に入れます...。

これまでの記事を踏まえた上で、ロングトーン練習とはなんなのか?ギターでロングトーンってどういうこと?
その疑問に答えていきたいと思います!

<ロングトーン練習>

普通ロングトーンというと、ヴォーカリストや管、擦弦楽器の奏者が基礎練習として行うものです。

ロングトーン練習は非常に奥が深く、ひとつの音を長く伸ばすだけに見えますが、これを行う奏者の習熟度によって密度がまったく異なります。

ギターは撥弦楽器であり一度発...