2019/03/11

ルーペ音楽教室講師インタビュー、津山先生Part④です!

①~③はコチラ!   

音楽の話に戻りましょう。

最近はどんな練習をしてるんですか?  

 まずはロングトーンから始めますね。  

 音程感覚を鍛えるためのロングトーンや音質をコントロールするためのロングトーン、響く体の使い方をなじませるためのロングトーンという風にロングトーンも色々目的を変えながら変化させます。

 その後はスケールとスケールのパターン練習。

 クラシックのエチュードをやって、最後にジャズスタンダードの練習、という流れですね。

「響く体の使い方をなじませるロングトーン...

2019/03/02

大変長らくお待たせしました!

津山先生インタビュー、第3回目です♪

第1回はコチラ

第2回はコチラ

好きなミュージシャンの変遷を教えていただけますか?

 最初はクラシックをやっていたのでそういう音楽を聴いていたんですが、高校生あたりからフュージョンを聴くようになり、2年のときは軽音楽部の友達とT-Squareのコピーバンドなんかもやってました。
 大学に入ってからもフュージョンは聴いてたし演奏もしてたんですが、マイケルブレッカーを聴くようになってからはクリスポッターやシェーマスブレイクなど、ブレッカーの影響をうけた現代のテナーサックス奏者を聴...

2019/02/14

前回の記事はこちら

中高の吹奏楽部ではどんなことをやっていたんですか?

 

 部活では普通の吹奏楽の曲ばかりで、たまにサックス4重奏をやるくらいでしたね。
 でも僕はその頃から個人的にクラシックサックスのレッスンを受けていました。

テナーサックスは大学生からですか?

 テナーサックスに転向したのは大学三年の夏からです。

思ったより最近なんですね。
どんなきっかけで転向したんですか?

 アルトサックスだと上の音域は出るけど下に限界があるということ、テナーサックスのほうが幅広い音域と音色が出せるということで、自分の出したい音を出すにはテナーしかない...

2019/02/01

みなさん、お待たせいたしました!

ルーペ音楽教室ブログ、今回の更新は皆さんお待ちかねの津山先生インタビューです!


津山先生はサックスの音色や練習にかかわる記事を寄稿してくださっています。

ぜひそちらも読んだ上で、こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです!

サックスの音色について

サックスの練習について


それでは津山先生、よろしくお願いします。

 津山:よろしくお願いします!

早速ですが津山先生、今日はなんだか可愛らしいスカーフをしてらっしゃいますね!
なんというか...中性的というか...。

 そうですか?笑

おしゃれでいいと思います!笑
津山先...

2018/10/04

お待たせしました!
小美濃先生インタビュー、後編です!



では、もし昔に戻ってコントラバス以外の楽器を手にするとしたら?

 う〜ん...(長考) 歌かなあ。

歌ですか!それは何故?

 自分が歌えないっていうコンプレックスもあるけど、やっぱり歌に勝る表現はないからね〜。

 あと強いて言うなら、ピアノをもう一度頑張ってみたいなあ。

なるほど〜。

小美濃さん自身は誰かに師事していたことはあるんですか?

 山下弘治さんに3年ほど習ってたけど、ジャズを教えてもらったのは最後の半年くらいだったなあ。

 コントラバスの弾き方について教わった時間の方が遥かに長かっ...

2018/10/01

ルーペ音楽教室、講師インタビュー第三弾!

今回はコントラバス講師、小美濃悠太さんにインタビューしたいと思います。

小美濃さん、よろしくお願いいたします!

 小美濃:よろしくお願いします!(ほろ酔い)

小美濃さん、ご出身はどちらですか?

 東京都練馬区石神井公園です!

おお!ということは、地元での活動も大事にされているんですね。

(このインタビューは石神井公園駅からほど近い「Hill and On」での小美濃さんのコンサートの後行われました。)

どんな少年時代を過ごされてきたんでしょうか?

 うーんとねえ、泣き虫で内気な子供でしたよ。どっちかっていうと...

2018/08/29

では石川さん、最近興味があることは何ですか?

これは実際に取り組んでいる最中なのですが、「名前を忘れる」という事です。

和音、単音、ありとあらゆる音を名前を考えず、感じるようにしています。

譜面を見ながら吹く、というのは一番それに遠い行為です。

例えばあるコードを見た時に、ジャズミュージシャンはそこからあらゆる可能性を想起するものですが、それすら飛ばして、自分の中に聴こえた音のみを吹く、ということに挑戦しています。

別の言葉で説明すると、「ド」や「C」ではなく、単なる「アー」という音として音を捉える、ということです。

僕は”ある音を表す文字、記...